日本・Jリーグと海外とのリーグレベル

日本でプロサッカーリーグが出来て20年以上経ち、サッカー文化というものが定着してきた感がありますが、まだまだ世界との差は大きいです。特に日本・Jリーグと欧州リーグの実力の開きは大きく、日本サッカーが発展していくための課題が多く残っています。

その違いは歴史の差と言えばそれまでですが、環境や周辺国とのライバル関係も大きく影響してきます。歴史の差と言っても大きくても日本との差は100年程度ですが、進化し続けるサッカーというスポーツにおいてこの差はとても大きいです。日本ではプロを経験した選手がようやく指導者になりだした所ですが、欧州リーグではそうした事は当然で、育成に差が出てきます。

地続きで移動がしやすい事もあって他国との試合、選手同士の交流がしやすいです。時差が少ないのもとても大きい要素です。交通機関の発達で海外との試合は難しくないですが、日本の周辺国は高いレベルとは言い難く、それを求めるには欧州や南米といった時差のある国との試合を組む必要があります。

欧州リーグに挑戦する選手は増えてきましたが、トップクラスのチームで活躍できるほどではなく人数もまだまだ少ないです。まずは国内リーグのレベルを上げていかないと差を埋める事は難しいでしょう。

Jリーグと欧州リーグ サッカーのシーズン比較

サッカー

近年人気が出ているスポーツの一つにサッカーがありますが、ヨーロッパにおいてもサッカーは非常に人気の高いスポーツです。国ごとにクラブチームがリーグ戦を行っており、白熱した戦いが繰り広げられています。

日本においてもクラブチームによるリーグ戦は行われていますが、欧州リーグとの間には一つ大きなシステムの違いがあります。それは日本・Jリーグは春秋制で行われているのに対し、欧州では秋春制で行われているという点です。

具体的にいうと、リーグ戦の開幕時期が、日本では春の3月なのに対し、欧州では秋が始まる時期である8月や9月から開始されるところです。春秋制のメリットとしては、寒い冬に試合を行わずに済む点ですが、逆に暑い夏に試合を行わなくてはなりません。逆に秋春制を採用している欧州では、夏に試合を避けられる代わりに、寒い冬に雪の混じる中、試合が決行されている場合も多々あります。

このように一長一短ある春秋制と秋春制ですが、日本から欧州クラブへの移籍を検討する選手にとって、このリーグ戦のスケジュールの違いは、シーズン途中での加入や離脱というリスクとなるため、現在Jリーグでは欧州のシステムに合わせた秋春制への移行を検討しています。

サッカー